生活に役立つ、あまり知られていないレアな情報やサービスを調べてお知らせします。自分が便利さや発想の面白さで驚かされた情報を7つのカテゴリーでオールラウンドに紹介します。

こんなに簡単にホームページができる

ノンカテゴリ

こんなに簡単にホームページができる

初心者でもホームページが簡単に作れる!

自分のサーバーを用意しよう

本当に、なにもわからない状態から調べ始めたので、まず、サーバーが必要だということから知りました。

サーバーは、自分のパソコンを設定して作ることもできるけれど、セキュリティーの問題が難しいこと。

初心者には対応できないだろうと思いました。でも、一応、「自宅サーバー」関係の本も読みました。

それでわかったことは、アップロードするべきフォルダをきちんと設定する方法です。完璧に正しくないとホームページは見えません。

サーバーというのは、電話の交換手みたいな存在で、URLにあるホームページの材料が保管されているフォルダに正しくつないで、サイトを組み立てて見えるようにする働きがあるとわかりました。

出典 http://hpsakusei.pals4s.website

レンタルサーバーには、サーバーを大勢で用する共用タイプと、自分専用のサーバーを貸し出すタイプがあります。

私は月毎の使用料金が安いので、共用タイプに決めました。

料金も、いろんなプランがあって、ちょっと迷ったのですが、ネットで調べたりして次のようなレンタルサーバーに絞りました。

レンタルサーバーについては、非常にたくさんサービスがあり、スタンダードなプランであれば、基本的な機能は使えるようです。

あとは、速さ・安定性・容量・料金・評判などを合わせて判断すればいいと思います。

私は、結局、ネットに詳しい友人に勧められてエックスサーバーに決めました。

出典 http://hpsakusei.pals4s.website

自分のドメインを用意しよう

次はドメインを取得しなければホームページは作れません。

でも、これは簡単に取得できます。

ドメインというのは、郵便でいうところの「宛先」みたいなものです。

だから、物ではなくて記号というか名前なんですが、世界で自分だけのネット上の住所=宛先を登録します。

そうすることで、ユーザーがあなたの作るサイトに迷わずに到達し表示できるのです。

サイトに表示されている料金は、年間の使用料金を表しています。

気をつけて欲しいのは、99円とかに設定されている料金はキャンペーン料金です。

したがって、1年目はその料金ですが、2年目からは通常料金になります。

安いからと言って、やたら登録すると、2年目から泣きを見ます。ドメインによって料金は違いますが、1000円~4000円くらいします。

ドメインは少なくても、サーバー側でサブドメインを設定できるので、性能はともかくとして、無制限に宛先を作ることができます。

慌てないで、ドメインは1つずつ増やしていく方が賢明です。

出典 http://hpsakusei.pals4s.website

ホームページ作成ツールSIRIUSを用意しよう

いよいよホームページ作成ツールのお話です。

冗談抜きで、このツール=SIRIUSがなかったら、サイト作成できませんでした。

このSIRIUSが本当によくできたソフトで、イラスト教材のホームページをつくる時も大活躍しました。

SIRIUSで作成するホームページは、基本的に3層構造になります。もちろん、1層や2層構造もできますが、3層構造の場合、1層目がトップページ、2層目がカテゴリーページ、3層目がエントリーページと呼ばれます。
この中でタイトル、フリースペース(上段だけでなく、下段にも設定できます)などは、自動で3層構造のすべてのページに反映されます。

あとは、あいだの記事をブログの要領で書いていくだけです。もし、1層だけのサイトにするなら、このままで一応できあがり。

記事を順次書き足していくだけです。

ここでは、テーブル機能を使って表を作り、ボタンにリンクを貼っています。そう聞くと、ややこしそうですが、やってみると予想以上に簡単です。

特にリンクなんか、感動するほど簡単に貼れます。私の計画したサイトは、内部リンクが複雑にからんでおり、SIRIUSがなかったら発狂していたかもしれません。

「直感的に使える」ことが重視されて居るので、このように使い勝手がいいのでしょう。

もし、複層にするなら、カテゴリー(2層目)、エントリー(3層目)をページ作成しましょう。次の説明を見てください。
3層構造のサイトづくり
トップページの下にカテゴリーを追加します。カテゴリーの下にエントリーを追加します。

初心者でもホームページが簡単に作れる!

SIRIUSの編集画面左上の「トップページ」フォルダを右クリックすると、「カテゴリーの追加」というフォルダが表示されます。

そこを左クリックして、カテゴリー作成画面にカテゴリータイトルなどを書き込むだけで、新しいカテゴリーができます。

とてもシンプルでわかりやすいです。新しいエントリーも、カテゴリーの下に同じようにして簡単に作れます。


それぞれ、カテゴリー・エントリーページもトップページと同じ構成になっていて、記事の部分を書き込めば、コンテンツができあがりです。


サイトの目的に応じて、範囲を狭め、欲しい情報を得られるような構造にしていけば、有意義なサイトになると思います。

出典 http://hpsakusei.pals4s.website

管理人のまとめ

初心者が簡単にホームページを作る方法を引用してきましたが、まとめると次の手順が必要です。

1.レンタルサーバーを用意する

2.ドメインを取得する

3.ホームページ作成ソフトを用意する
   これは、SIRIUSが圧倒的に便利です

これだけそろえるのに、レンタルサーバーが私の場合、月額1000円、ドメインが年額1000円程度、ホームページ作成ソフトは24000円くらいでした。

それと、光ファイバーの回線が必要ですが、これはインターネットを利用されている時点で、みなさん持っておられると思います。ネットも速くなり安くなりましたね。ありがたいことです。

 あとは、実際に触ってやってみるのが早道だと思います。
どんなサイトをなんのために作るか。目的意識や動機が明確であれば、イメージを持ってサイトを作っていけます。

 自分の場合も目的があったから、スムーズに進められたのだと思います。

インターネットはすごい可能性を持ったメディアなので、個人が低資金で運営して多くの人に情報やメッセージを届けることができるでしょう。

初めてでも、なんとかできますので、ぜひ試されることをオススメします。

ホームページ作成に必要はものはこれ!

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ