生活に役立つ、あまり知られていないレアな情報やサービスを調べてお知らせします。自分が便利さや発想の面白さで驚かされた情報を7つのカテゴリーでオールラウンドに紹介します。

ダンボールの家「Wikkelhouse」がスゴイ!

アイデア

ダンボールの家「Wikkelhouse」がスゴイ!

ダンボールで家を作るというアイデアが斬新 「 Wikkelhouse」

「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。段ボールを包むように重ねてつくるところから「Wikkelhouse」

「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。段ボールを包むように重ねてつくるところから「Wikkelhouse」の名がついたそうです。

段ボールの形に耐水性と通気性に優れた仕上げ加工を施し、さらにウッドパネルで保護しますからどんな天候にも耐えられると言います。

メーカーによると、耐久性は最低100年とか。

奥行き1.2mの基本構造を並べることにより、好きな大きさに設定できるのも特徴。後からその数を増減させることもできます。

キッチンやバスルームなどの水回りも設置可能。

既存の3倍環境に優しい

公式サイトによると、既存の家屋の「3倍環境に優しい」そう。

さらに各基本構造は何度も使えて、100%リサイクル可能だといいます。

工場で形作って、建設地へ運びますが、1日あれば設置できるのも魅力です。

どんな所にも置ける

基本構造はそれぞれ500㎏ですから、通常の家屋のように基礎工事の必要がなく、森の中、海岸、庭、屋根など、どんなところにも置くことができます。

景色に飽きたら移動も可能。

インテリアも様々なデザインが考えられます。

値段は25,000ユーロ(約306万円 )、運送・設置費は別。

今は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、フランス、英国、デンマークの実の展開ですが、それ以外の国から代理店の申し出などもあり、今後他の国にも広がっていきそうな兆しです。

※お詫びと訂正※

「値段は3つの基本構造と運送、設置費で25,000ユーロ(約306万円)」としていましたが、正しくは、「値段は25,000ユーロ(約306万円 )、運送・設置費は別」でした。

訂正してお詫び申し上げます。


出典 http://irorio.jp

工場の取材・・何語かわからん・・・

つぶやきも英語・・日本では、販売してないからな・・・

管理人の意見

 すごいアイデアだよね。ダンボールで家を作るって聞くと、ホームレスの人を思い出すけど、全然違ってオシャレなんですよ!
 かっこいい別荘っていう感じです。

 「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。段ボールを包むように重ねてつくるところから「Wikkelhouse」の名がついたのですが、24枚重ねて基本の枠を作るそうです。1.2mのユニットを作って、好きな数だけ連結できます。

 「Wikkelen」のメリットはいくつかあります。
①1日で、好きな場所に設置できる。
②耐用年数が最低100年!
③従来の住宅の3倍、環境に優しい。(100%リサイクル可能)
④移動が簡単、軽い。

 こんなオシャレなダンボールハウスなら、週末ハウスとしてほしいです。
日本でも販売されないかな。ちょっと期待します。

 

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ