生活に役立つ、あまり知られていないレアな情報やサービスを調べてお知らせします。自分が便利さや発想の面白さで驚かされた情報を7つのカテゴリーでオールラウンドに紹介します。

「これほど売る気が感じられない中古車の写真は見たことがない…」どういうこと?

びっくり

「これほど売る気が感じられない中古車の写真は見たことがない…」どういうこと?

売る気がまったくない中古車販売サイト

こんなに売る気のない中古車の写真ははじめて・・・

インターネットで中古販売やオークションに出品するときは、写真の出来栄えが売り上げに大きく影響するものです。

海外でスバルの車が約240万円で売りに出されていたのですが……。

「こんなに売る気のない広告は見たことがない」と感想が付けられていた写真をご覧ください。

そう評判になった実際の写真がこちら・・・

実は、これがその写真です。
どういうこと・・・めちゃめちゃ遠くてわかりにくいやん。
誰もが、そう思うこの写真。
ところが、これだけではなかったのです。
その説明文が、あまりにもひどい・・・。

さらに意味不明な説明文がこちら・・・

詳細説明:
妻とは、『子供が生まれたら愛車のスバルを売りに出して、後部座席の窓が大きくて、ファミリーステッカーが貼ってあるような悪趣味なミニバンかSUVを買う』と約束をしていました。
この広告はその努力のたまもので、青春時代の最後の思い出のセールでもあります。
走行距離:8万5000マイル(約13万7000km)で、ほとんどが市内。WRXのオーナーとして車に悪いことは全部しています。はっきり言って、その8万5000マイルのほとんどはエンジンをふかして走り、急加速したり、7-11の駐車場に出入りしたりしてきました。
メンテナンス:ここ数年ではあまり大きな問題は出ていません。4~5000マイルごとか5~6か月ごとにオイル交換。運転すると少しカタカタと鳴り、ナスカーレースのように左に引っ張られます。
その他の問題:カップホルダーは小さい(2003年の日本のエンジニアは、われわれのライフスタイルを想像していなかった)。ウォーターポンプはインディアンの埋葬場で購入したので、車は少し呪われています。
価格:希望は10年前に自分が支払った価格マイナス400ドル(約4万円)。
写真:もっとはっきり写った写真の要望がありましたが、へこみ部分の写真なら送ります。
車を見たい場合は、できれば妻のいる時間帯にしてください。そうすれば車を広告に載せたことがわかりますから。
車に関するどの交渉も、価格の上昇につながります。」
(原文)

出典 http://labaq.com

海外掲示板のコメント こんな反応が・・・

●「興味あるふりをしてくれたら5ドル渡します。うちの妻には違いはわからないでしょう」

↑「この広告の説明文は持ってこないようにしてください」

↑「100ドルを渡さないと、おまえの妻にばらすぞ」

●自分は2歳児がいて、2009年からWRXを所持している。子供はもう一人生まれるが、セダンなのでカーシートを増やそうと思っているだけ。なぜ他の人が子供ができるとこの車を捨てるのかはわからない。うちの息子はドライブを気に入ってる。

↑3人目ができたら、トランクも十分なスペースがあるしね。

↑特に連れ子ならね。

●なぜ1人の子供に大きな四駆がいるのかわからない。

●子供が生まれたらミニバンを買う義務があるアメリカ人が理解できない。

●自分は気持ちがわかるよ。

出典 http://labaq.com

種明かし・・・男のレジスタンスだった

 そう、結局売りたくなかったんですね。このお父さんは・・・。
でも、嫁さんの言いつけに従わない訳にもいかず、しぶしぶ広告を掲載したんです。が、そこはアイバイ広告なので、本心売りたくなかったのです。
 悩んだ末に、こんな訳の分からない写真と説明文を載せたのでしょう。

 なんだか、このお父さん、少し切ないですね。だって、スバリストなんですよ。インプレッサWRXなんだから、そりゃあ、手放したくないですよ・・・。

 だって、スバル車いいですよ。実は私も初期型フォレスターに20年も乗ってます。高速道路で、アクセル踏むと一瞬タイムラグがあって、その後、一気に加速して、強烈なGがかかるんです。それが、超気持ちいい!
 ですが、ファミリーカーに向いてないことも事実です。このG,家族には、はっきり言って評判悪いです。
 「レースやなんやから、いい加減にして!」みたいなこと、しょっちゅう言われます。
 燃費も悪いです。だから、ひとりで近くに行くときは原付で行きます。いつでも、自動車って訳にはいきません。

 子どもが生まれたら、ミニバンって、戦闘機から輸送機に乗り換えるほどの差があるんじゃないですか。そりゃ、抵抗します。男のレジスタンスですよ!
 
 という訳で、こんな珍しい販売ページが生まれたのでした。

スバリストは自分で整備もしてみたい これで勉強しよう


5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ